きもののたたみ方

着物のたたみ方(本たたみ)
基本的なたたみ方で、女性物、子供物など、単・袷長着のたたみ方です。
他には、夜具だたみという振袖や留袖、訪問着など、縫い目に関係なく柄が描かれている絵羽模様の着物に使われる、折り目が少なく、シワを最小限に抑えるたたみ方です。

★ここでは、本畳みの手順を載せておきます。

  本畳み  衿が左側になるように着物を広げます。
この時、手前(左身頃)の脇縫に沿って折ります。
  本畳み  手前(右おくみ)の縫い目で折り返します。
( 衿先と襟下をきちんと揃えておく事が大切です。
衿つけを内側に折ります。
(スナップや糸ははずして広衿状態にしておく)
  本畳み  向こう側(左身頃)の衿先と衽を手前(右見頃)に合わせて重ねます。
衿回りも重ねて整えます。
  本畳み  向こう側の脇縫い(袖付け下の身八つ口)下から裾の脇縫を持って手前の脇縫いに合わせ重ねる。
脇と背を整える
本畳み    左袖を見頃の上に折り重ねる。
右袖は見頃下側へ折る。
    本畳み  丈を半分に折り、袖を合わせ、形を整えて完成です。

 

TOPこのページの先頭へ

line.gif

襦袢の畳み方

衿に折り目がつかない畳み方です。

襦袢の畳み方  衿が左になるようにして広げます。
襦袢の畳み方

手前(下前)の見頃脇縫で折り整えます。

 

襦袢の畳み方

向こう側(上前)も同じように折ります)

襦袢の畳み方 手前脇縫いを持って、見頃の中心にくるように内側へ折ります。
袖口を手前折ったところに合わせるように折り返します。
襦袢の畳み方  向こう側(上前)も同じようにして中心で両脇を突き合わせる。
襦袢の畳み方  袖も同じように折り返します。
襦袢の畳み方  裾を持って半分に折り、完成です。

 



きもの三鈴へお越しいただきありがとうございます。ごゆっくりご覧くださいませ。 着付け ギャラリー