きもの仕立て

お客さまから依頼を受けて『きもの』が出来上がるまでの順序
 

地直し

植物繊維のものは霧を吹いて横縦の地詰をしておく
浴衣地は洗濯の機会が多いため、地詰めをしっかりとしておく。
ウール類はスチームアイロンで縮絨をしておくとクリーニングに出しても崩れにくい。
アイロンをかけながら、染むらや傷などを確かめておく。
化繊・合成物・混紡物はアイロンはかけない。(熱によって溶ける)
 

検尺と検反

・検尺とは

きものは一反で仕上げるが、一反の長さは一定ではないので、
依頼された寸法に仕上がるか調べるます。
だいたい、着尺で約12㍍(尺では3丈1尺以上)必要です。

・検反とは

反物の染むら、染しみ、織むら、色やけなどを調べることです。
裁断(柄合わせ)
反物を着物という形にする時に一番大切な工程です。
柄の配置と柄の位置づけで着つけた時にきもの柄として生きるからです。
それゆえ、最深の注意が必要となります。
一反という範囲でお客さまの寸法に仕上げるため余裕が無い場合もある
また、余裕があれば、多少の無駄がでても模様配置を第一に考えたり
仕立ての良し悪しを左右するのも柄合わせにあります。

・考慮すること

年齢別・身長別・体型別でも変わってくる。
へらつけ(しるしつけ)
縫うためのしるしつけ
布地によってはへらで生地を痛めることもあるので気を付けなければいけない。。
後に幅出しなどの時に残らないように配慮する。

縫製

それぞれの仕立て方順に丁寧に仕立てていきます。
 

仕上げ

最終工程として大切な仕上げです。


・点検

針が残されてないか点検
専門家が待ち針を使わないで縫い針を使う理由のひとつに、
万一針が残ってた場合にすぐに取り出せるということ。
待ち針では頭がひっかかって取り出せず、仕上がったものを解いて取り出さなければならない。

・アイロンかけ

各所を再点検しながら、アイロンかけをする。
折り目以外にしわが残らないようにする。
あたりが出ないように、あて布を当てて軽くかける。
 

・再点検

衣紋掛けにかけて裄や見頃の表裏のつり合いをみる。
合せの場合、表と裏の生地が異なるためアイロンで直したり
また、解いて縫い直しも必要になる。
補正したら、畳んで仕上げ終了になります。



きもの三鈴へお越しいただきありがとうございます。ごゆっくりご覧くださいませ。 着付け ギャラリー