刺繍職人さん

このページでは刺繍職人の鹿島氏をご紹介致します。

鹿島さん

鹿島氏は刺繍職人として50年のベテランです。
当店の縫い紋をはじめとし、着物、帯などの刺繍加工をお願いしています。

 

 

 

 

さて、皆様に一番なじみの有る縫い紋を例にご説明しましょう。

刺繍の型紙 刺繍の型紙

 

 

 

 

 

 

 

江戸小紋にも用いられている渋紙にそれぞれの家紋を切り抜き紋の型を作ります。

その家紋の型 を背中の紋を入れる位置にのせ、胡粉をその型にすりこみ胡粉の跡に刺繍を刺していきます。

 

刺繍糸

 

刺繍糸

 

 

日本刺繍用の糸は、市販の縫い糸とは違い、よりがかかっておら ず使用目的によって糸の太さ、糸の色具合を作り出すのも職人の仕事です。

当店の縫い紋の縫い糸の色を既成の紋と違う微妙な色糸で仕上げることが出来ますのも、このおかげなのです。
縫い紋などの小さな刺繍は、手でよりをかけますが着物などの柄用の大きな仕事になりますと駒を使って長い糸を作り出します。

 

刺繍糸 刺繍糸

 

 

 

 

 

金駒刺繍などのとめ糸なども、金糸の太さに応じて 糸の太さや色などを作っています

男物の縫い紋は、女紋とは違い、少し太目の糸で力強さを強調するように仕上げます。

以前、黒紋付に共の黒糸での縫い紋を手がけられたそうですが、ほんの少しの金糸を黒糸に混ぜ合わせ目立たなくてもただ、さりげなく家紋がある気配を心がけ刺上げた事もあったそうです。

着物の柄などの大きな刺繍になりますと、型を切り抜くことはしません。柄の下絵の裏に水溶きし た胡粉でなぞり、それを生地に乗せ乾いた粉を写します。
さらに、作業しやすいようにもう一度、胡粉でその写った柄をはっきりとなぞりその上から刺繍を刺します。

刺繍の型紙 刺繍のもよう 刺繍のもよう

鹿島氏オリジナルとしてその方の家紋を巧みに配置した加賀紋(花紋)が大変喜ばれております。

松竹梅などの中に柄の一部のように家紋を入れた刺繍は無地の着物や、ぼかしの着物など出かける先によっておしゃれにも、また正式な紋として使えます。

後継者の問題はここでもあり、鹿島氏の跡を継がれる人はおりません・・・
日本の民俗衣装であるきもの  これに携わる人たちの後継者はだんだん少なくなってきてます。
後継者をいかに育てていくのかこれが一番の課題だと思います。

刺繍についてのご質問、ご相談(きものの柄の刺繍がほつれてしまった)など、お気軽にお問い合わせ下さい



きもの三鈴へお越しいただきありがとうございます。ごゆっくりご覧くださいませ。 着付け ギャラリー