きのもをもっと知って欲しい

普段着として、おしゃれ着としてのきものを着る暮らしを楽しんでみてはいかがでしょう。
普段きものを着ない方にとって、きもののことでわからないことはたくさんありますよね。

ここでは、きもの用語や目的別のきものの選び方などをご紹介します。
参考になさってください。また、ここに載せていないことでのご質問も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

きもの用語  きもののたたみ方 こんな時はどんなきもの・・・?  こんな季節はどんなきもの・・・? 

このきものにはどんな帯・・・?

きもの用語(50音順)

汗よけ
汗がきものに直接つかないようにする為の肌着

洗い張り
きものを一度ほどいて洗濯し、筋や汚れを落とすこと

袷(あわせ)
裏地のついたきもののこと

絵羽模様(えばもよう)
きもの全体の模様が、1枚の絵のように模様付けしたもの

衣紋(えもん)
きものの衿の首の後ろの部分

衿芯(えりしん)
半衿の中に入れることにより、衿元をすっきりとさせてくれる

帯揚げ(おびあげ)
帯枕の上にかぶせるもので、きものと帯の間の飾りとなるもの

帯締め(おびじめ)
帯の上に締めるひも

吉祥文様(きっしょうもんよう)
鶴亀、松竹梅、鳳凰など縁起の良い文様のこと

 こはぜ
足袋についている、爪形の金具

先染め(さきぞめ)
先に染色してから織物を織ること

紗(しゃ)
夏用の織物で、織り目が粗く通気性のあるもの

裾よけ(すそよけ)
腰に巻きつける下着のことで、長襦袢の裾の汚れを防ぐもの

伊達衿(だてえり)
きものの衿に重ねる衿のことで、華やかさを増すことができる。重ね衿とも呼ばれる

伊達締め(だてじめ)
長襦袢の上や帯をする前に締める、きものをおさえる為の帯状のもの

畳紙(たとうがみ・たとうし)
和紙で作られたきものの保管に使われる包装紙

縮緬(ちりめん)
表面に縮れ(しぼ)ができるように織った織物

共衿(ともえり)
きものの衿の汚れを防ぐ、衿の上にさらに同じ布で重ねた衿

長襦袢(ながじゅばん)
きものの下に着るもので、対丈にできたもの

羽織(はおり)
おしゃれ用や防寒具用の、きものの上に着るもの

 ばち衿
女物の衿の仕立て方で、衿幅が衿先に向かって広がって三味線のばちのようになっているもの

八掛(はっかけ)
袖口や裾の裏につける布地の事。裾回しとも言う。

半衿(はんえり)
長襦袢の衿につけるかけ衿のこと

単(ひとえ)
裏を付けずに仕立てられたきもの

比翼(ひよく)
布を縫い付けて2枚重ねている様に見せる仕立て方で、袖口・ふり・衿・裾に用いられる

広衿(ひろえり)
普通の衿幅の2倍に仕立て、着る時に自由に折って調節できる衿のこと

棒衿(ぼうえり)
主に男物や子供ものの衿の仕立て方で、衿肩から衿先までの幅が同じもの

有職文様(ゆうそくもんよう)
亀甲文、鳳凰文、雲鶴文などの幾何学的な文様。公家の装束用織物に用いられた

 羅(ら)
夏の薄物のきものや帯に使う、紗と似た隙間の多い織物

 絽(ろ)
糸目に隙間を作って織り上げてあるもの

  

TOPこのページの先頭へ

こんな時はどんなきもの・・・?

結婚式のお呼ばれ

ミスの方 振袖 訪問着 附下 無地
ミセスの方 留袖 色留袖 訪問着 附下 無地
結婚式では、華やかさ、豪華さなどを基本に考えてコーデイネートしてみてください

お茶席

訪問着 附下 無地 江戸小紋
お茶席では、結婚式とは反対に侘び・渋い着こなしを心がけましょう。
また、お茶会の趣旨や格にあわせた着こなしが必要です。

観劇お食事会

小紋 紬
プライベートな席ですので細かい決め事を気にせず、楽しさやおしゃれな着こなしで出かけましょう。

入学、卒業式

訪問着 附下げ 無地 江戸小紋

 

TOPこのページの先頭へ

こんな季節にはどんなきもの・・・?

  1月から5月いっぱいまで    袷(あわせ)のきもの
  6月中は               単衣(ひとえ)のきもの
  7月から8月いっぱいまで    夏物
  9月中は              単衣(ひとえ)のきもの
10月から12月(翌年5月まで)   袷(あわせ)のきもの

以上が基本になりますが、最近ではお茶席のように季節感を大事にする席を除いて、五月にはいると単衣をお召しになる方が多いようです。

また、帯合わせは季節の先取りになりますので、六月の単衣のきものには絽や紗などの夏帯をあわせます。
九月の単衣のきものには、袷用の冬帯をあわせます。

 

TOPこのページの先頭へ

このきものにはどんな帯・・・?

留袖・色留袖・振袖・訪問着・附下・などの礼装用のきもの

留袖・色留袖・振袖・訪問着・附下などの礼装・略礼装用のきものには、
金糸、銀糸を織り込んだ丸帯,袋帯,名古屋帯,を組み合わせます。
(着物はもちろん染め物で、織り込みの着物は着ません)

無地・江戸小紋・小紋・紬などのきもの

すくい織や変わり織のおしゃれ袋帯や染め、織の名古屋帯などを組み合わせます。

 

わからない用語やもっと知りたい方はこちらまでお問合せください。

 



きもの三鈴へお越しいただきありがとうございます。ごゆっくりご覧くださいませ。 着付け ギャラリー