帯ギャラリー

「きもの三鈴」コレクションの一部のご紹介です。きもの、帯、小物などそれぞれお入りください。
 他にも多数ありますので、是非お店の方に足を運んでご覧ください。

 

gallery-kimono.png gallery-obi.png gallery-komono.png

 

丸帯・袋帯

丸帯
正式な礼装用で、留袖用や花嫁用振袖として婚礼衣裳に使われます。
横幅一尺八寸(約70cm)、長さは一丈八寸(約4m)で、二つに折りに仕立てて使用します。裏表通し柄になっており、古典的な柄が多く、重くもあり高価になります。


袋帯
丸帯に代わる礼装用や外出用のおしゃれ着向着のカジュアルな柄ものもあります。
最初から袋状になってるものは「本袋帯」とも呼ばれています。
横幅八寸二分(約31cm)長さは1丈1尺(417㎝)以上です。

obi-f12s.png fukuro-top1.png   fukuro-top2.png 

 

  obi-f1.png   obi-f2.png   obi-f3.png   obi-f4.png   obi-f5.png   obi-f6.png
  obi-f7.png   obi-f8.png   obi-f9.png   obi-f10.png   obi-f11.png  

TOPこのページの先頭へ

 

名古屋帯

室町時代から江戸初期に肥前名護屋で唐糸を使って組んだ女帯が流行して、名護屋帯と呼ばれていました。
大正時代の初期になって、名古屋の女学校長により腹合わせ帯をもっと着やすく改良されたのが始まりです。
ふだん着やおしゃれ着向きの帯で、小紋や紬,無地のきものに良く合います。
幅は9寸(34cm)、長さは9尺5寸(356cm)以上です。胴に巻く部分だけが最初から半分に折ってあり、お太鼓部分はそのままの幅で仕立ててあります。

nagoya-top1.png nagoya-top2.png nagoya-top3.png
  obi-m1.png   obi-m2.png   obi-m3.png   obi-m4.png   obi-m5.png   obi-m6.png
  obi-m7.png   obi-m8.png   obi-m9.png   obi-m10.png    

紬帯

  tumugi-1.png   tumugi-2.png   tumugi-3.png   tumugi-4.png   tumugi-5.png  

半幅帯

ふだん着の紬や浴衣,羽織下などに気軽な感覚で合わせられる帯で、帯揚げ,帯締を使う必要がありません。
また、芯を入れたもの,金銀の入った豪華なものを華やかに結び、振袖や小紋に合わせればパーティーなどにも向きます。幅は4寸(15cm)、長さは 350cmのものや,450cm以上のものもあります。

  

  obi1s.png   obi2s.png   obi3s.png   obi4s.png

 



きもの三鈴へお越しいただきありがとうございます。ごゆっくりご覧くださいませ。 着付け ギャラリー