きものギャラリー

「きもの三鈴」コレクションの一部のご紹介です。きもの、帯、小物などそれぞれお入りください。
 他にも多数ありますので、是非お店の方に足を運んでご覧ください。

 

gallery-kimono.png gallery-obi.png gallery-komono.png

 

振袖

未婚女性の第一礼装で、結婚式のお色直しなどでも用いられます。
黒地に五つ紋を付けたものを黒振袖、その他のものを色振袖と呼びます。きもの全体に古典的な模様に近代感覚の色彩や図柄を盛りこみ、刺しゅうや紋などで染織の美を表現 したものが主です。
振袖には、袖丈がくるぶしまである大振袖、ふくらはぎまである中振袖、膝頭までの小振袖があります。

  furisode-1s.png   furisode-2s.png   furisode-3s.png   furisode-4s.png
  furisode-5s.png   furisode-6s.png   furisode-7s.png   furisode-8s.png
  furisode-9s.png   furisode-10s.png   furisode-11s.png   furisode-12s.png
  furisode-13s.png   furisode-14s.png   furisode-15s.png   furisode-16s.png

TOPこのページの先頭へ

 訪問着・附下(つけさげ)

未婚、既婚にかかわらずお召しいただけ る礼装です。着用範囲は色留袖以上に広く紋の有無、色、柄によって格も変わりますので出られる席によって選び分けま しょう。
よくあるご質問で訪問着と附下の違いは?
以前は柄のつけ方などの違いがありましたが、最近のものは仕立てあがってしまうとほとんど差がなく、白生地から染める時に、反物に断ちを入れて仮絵羽にし てから染め付けたものを絵羽訪問着といい、断ちを入れずに柄の位置を決めて染め付けたものを附下訪問着と分けています。
帯は袋帯でおしゃれから格調高いものまで合わせられ帯締,帯揚げの色なども楽しめます。

  hou-1s.png   hou-2s.png   hou-3s.png   hou-9s.png   hou-5s.png   hou-6s.png
  hou-7s.png   hou-8s.png        

無地

一つ紋を付けたものは略礼装とし、お茶席、卒業式などに使われます。
紋は抜き紋(白生地から染める時)や縫い紋(染め上がっている生地に)などがあります。
合わせる帯は礼装としてお召しになる時は袋帯、お茶会などには名古屋帯が良いでしょう。
帯締、帯揚げなどは帯の色などに合わせて楽しんでください。

 

  muji-1s.png   muji-2s.png   muji-3s.png   muji-4s.png   muji-5s.png   muji-6s.png

 

小紋

型染めのきもので紅型やろうけつ染めなどいろいろな技法で染められたきものです。楽しんで着ていただきたいきものなので帯、小物など自由に自分を表現してください。

 

  komon1s.png   komon2s.png   komon3s.png   komon4s.png   komon5s.png   komon6s.png
  komon7s.png   komon8s.png   komon9s.png   komon10s.png   komon11s.png   komon12s.png
  komon13s.png   komon14s.png   komon15s.png   komon16s.png   komon17s.png   komon18s.png
  komon19s.png   komon20s.png        

TOPこのページの先頭へ

 

江戸小紋

一つ紋を付けたものは無地と同じように略礼装として使って頂けます。
帯は染帯から袋帯まで目的によって楽しめます。帯締、帯揚げも同じです。
本来は伊勢型紙を用いて染め付けたものですが,最近は安価なプリント染めもあります。
江戸小紋は こちらでご紹介しています。

 紬

主に織りで柄を出したきものです。結城・大島をはじめ、全国に産地があり、各地の特色を生かした絣が楽しめます。おしゃれ着に最適です。

  tumugi1s.png   tumugi2s.png   tumugi3s.png   tumugi4s.png

 黒留袖

既婚者の第一礼装で結婚式に列席される時に着るきものです。紋は五つ紋。
合わせる帯は格調、重みのある袋帯,帯締、帯揚げは共に白を用います。長襦袢も白で他の色はいけません。
草履バックは金、銀などの布地(佐賀錦や綴)が良いでしょう。

色留袖

地色を黒以外の色に染めた留袖のような裾模様のきものです。
紋は一つ,三つ、五つと紋の数で格式が変わります結婚披露宴、パーテイ、格式の高いお茶席、など着用範囲も広いきものです。
帯などは黒留袖と同じものを用いた時は格調も高く、出られる席によって色物の小物を使っていただいても結構です。



きもの三鈴へお越しいただきありがとうございます。ごゆっくりご覧くださいませ。 着付け ギャラリー