江戸小紋

 子安観音寺の不断桜の虫食い葉を模様とし、美濃紙を切りぬいたものが型紙の始まりとの伝説から型紙を使って
染め上げる着尺の代表格でもある、江戸小紋をご紹介致します。
江戸小紋と言えば、鮫小紋というイメージも定着しておりますが、高最位に属する小紋三役と呼ばれている柄から
―――鮫小紋(さめこもん)・行儀(ぎょうぎ)・角通(かくどおし)があります。

 

鮫小紋(さめこもん) 行儀(ぎょうぎ) 角通(かくどおし)

鮫小紋

特徴:粒が弧を描いているもの

行儀

特徴:粒が斜めもの

角通

特徴:粒が上下左右にまっすぐに並んでいるもの

 

この三種は華やかな色目のものに一つ紋もしくは三つ紋をつけて、格のある袋帯を締めれば婚礼から茶会まで、どこにでも着用できる万能着物ですし、地味目のものも紋を入れておくことによって、通夜,法事等にも正統なこしらえとして、大変重宝な着物になります。
もともとは、武士の裃に使われたことが小紋である為、その家の柄として、“定め小紋”とされたものもあります。 

前田家の菊菱、島津家の大小あられ、徳川家のお召し、鍋島家の胡麻、などがその一例です。

 

<商品紹介コーナー>

三鈴特選江戸小紋
錐彫りによる伊勢型紙を使用。内田信ら一流の染氏による作品です。

 

青梅波市松 小花尽し 扇尽し
青梅波市松 小花尽くし 扇尽くし

 



きもの三鈴へお越しいただきありがとうございます。ごゆっくりご覧くださいませ。 着付け ギャラリー